発毛の仕組みと効果的な成分

頭髪は、頭部の毛包の幹細胞が成長に関与しており、特に毛乳頭と毛母細胞が重要な役割を担っています。

血液により送り込まれてきた栄養素が毛乳頭から毛母細胞に渡され、これが細胞分裂する事により頭髪は成長します。

逆に、これらがスムーズに機能しない場合は、薄毛が進行する事になります。

原因は様々であり、ストレスやホルモン、遺伝、食生活等、個人により異なっています。

男性に多く見られる症状として認識されていますが、女性は無関係というわけではありません。

このサイトで発毛治療情報選びをサポートします。

発毛とは、抜けてしまった頭髪が再び回復する事で、主に薄毛を改善する事を目的としている育毛業界で用いられている言葉です。頭髪に対しての不安や悩みを抱えている人は非常に多いために、発毛効果が期待できる多様なアイテムが考案されています。

この中で最も有効とされているのが、ミノキシジルという成分です。
ミノキシジルは、降圧剤としてアメリカで開発された成分であり、脱毛症に対しての効果が確認された後に外用治療薬として使用されるようになっています。



ミノキシジルの正確な発毛のプロセスは現在でも完全には解明されていませんが、毛乳頭と毛母細胞の両方を活性化させる作用によるものと考えられています。
このために、様々な原因で進行する脱毛症に対して有効であり、皮膚科学の専門団体では最適な治療法として推奨しています。
ミノキシジルを頭皮に浸透させる事により、血管拡張作用により毛乳頭に栄養素がスムーズに届けられるようになり、毛母細胞の分裂が正常な状態へと回復します。

これにより、成長が停滞していた頭髪がもとの状態に戻る事により、発毛という結果へと結び付きます。